誕生キタ━(゚∀゚)━! 妊娠10か月(第40週2日)

※写真はイメージです。

 

 

2017年8月13日(日)23時12分
元気に産声を上げて産まれて来てくれました(´∀`*)

 

18時30分頃から少しお腹が痛いと
妻が言い始めたので、
妻のお姉さんに相談したところ、
「もうスグじゃない?」
とのことだったので、産婦人科に連絡。

 

とりあえず病院まで来て下さいと言われました。

 

本来ならシャワーで昼間の汗を
流して行きたかったのですが、
ちょっと準備が遅れていたため、
先に晩ご飯を食べ、入院準備をして、
20時過ぎに産婦人科へ行きました。

 

スグには産まれないかも知れないけど、
初産ということもあるので、経過を見ながら、
ゆっくりお産を待ちましょうとのことで
入院することになりました。

 

21時頃、入院期間中に利用する部屋を選び、
荷物一式を置いて、ベッドに横になって
陣痛の間隔を計測し始めました。

 

病院の先生や看護師さん達から、
「お産は早くても明朝でしょうから
一度、帰宅されても良いですよ」
と仰って頂きました。

 

少し心配ではありましたが、産婦人科を後に。

 

必要最低限の準備をしてシャワーだけ浴びて
1時間程で産婦人科へ戻りました。

 

産婦人科の妻の病室に入ると、
雰囲気は一変していました。

 

この時、時刻は22時45分。

 

妻が強烈に痛がっているので
これが陣痛なのか(゚∀゚;?

 

あまりに妻が痛がっている姿に
看護師さん達も戸惑っている様子。

 

後日、妻から聞いた話ですが、
陣痛が治まっている間に
トイレに行こうとしたら
急激に痛くなり、思わず床に
四つん這いになってしまったとのこと。

 

妻のただならぬ声を聞いて
駆けつけて下さった看護師さんも
必死に妻に声を掛けて下さいます。

 

「◯◯さん(妻の名前)、大丈夫ですから
少し落ち着いて呼吸を整えましょう」

 

ソフロロジー式分娩法の音声も
CDプレイヤーで流れていたものの
あまりの痛さに耳に入らず。

 

by カエレバ

 

 

看護師さんの呼び掛けにも
応答が難しい状態。

 

突然、妻が「お尻が、お尻が!」
と叫び始めたので、
看護師さんが子宮口を確認すると
それまでは直径2cmくらいまでしか
広がっていなかったそうなのですが、
突如、全開の直径10cmまで広がっていたとのこと。

 

急遽、先生を呼んで頂き、
車椅子で分娩室へ運ばれました。

 

あまりの痛さに分娩室から
妻の声が響いてきます。

 

「お尻が!お尻が!!」

 

後日、妻から聞きましたが、
病院がお盆休み期間中の貸切状態で
良かった…と言っていました( ´ー`;

 

それもそのハズ、出産時の妊婦さんは
皆さん、赤ちゃん以外にも
いろんなモノを出してしまうようで(^_^;

 

例に漏れず、
当日、妻はお腹を下していたようでした(´∀`*)

 

時刻は23時頃。

 

僕も分娩室への入室が許可され、
両手をアルコール消毒し、
立会で使用される割烹着のような服を着用し、
頭髪が落ちないように帽子を被り、
マスクを着用して室内へ。

 

幸い、破水まではしていなかったようで、
先生も一安心といった表情をされていました。

 

しかし、突然のお産だったこともあったせいか、
分娩時に使用する道具一式が揃っていなかったようで、
看護師さん達もバタバタ。

 

妻も先生からの呼び掛けに一時的に
応答できるように落ち着きを取り戻し、
呼吸も吐くことを中心に専念しているようでした。

 

子宮口まわりの筋肉が硬化することなく、
先生も感心されていた様子で一言。

「◯◯さん(妻の名前)、
非常に上手ですよ!素晴らしい!」

 

僕は妻の頭側から声を掛けていたので
子宮口を直接観ることはできませんが、
順調に広がっていた様子で、

 

「もう息んでも大丈夫ですよ!」

 

と先生から仰って頂き、妻も

「あ、もう息んで大丈夫ですか!?」

 

と確認した後、ビックリ。
赤ちゃんの頭がひょっこり出てきていました。

 

3回目息んだところで、
赤ちゃんがするりと全身が出てきて
あっという間に終わりました。

 

陣痛が激しくなってから実に25分程で
出産が完了してしまいました/(^o^)\

 

これには先生も看護師さん達も
ただただ驚いておられました。

 

日頃の行いが良かったのでしょう(´∀`*)

 

その後、お産後の施術と
産まれてきたばかりの
赤ちゃんのへその緒の処置をして、
体重測定。

 

3日前の健診では推定体重3,300グラムと
言われていたのですが、2,958グラム。

 

何とも母親思いのちょうど良いサイズで
出てきてくれました。

 

泣き声も比較的おとなしく、
元気な様子で安心しました。

 

妊娠期間中、ツライ時期も笑顔で乗り越えてくれた
妻には感謝しても感謝しきれません。

 

そしてお腹の中に居る時から既に大人しく、
出産時は全身痛みに耐えながら
元気に産まれてきてくれた赤さん。

 

僕は見守ることしかできませんが
本当にありがとう(ノ´∀`*)

 

 

PS

あまりに速い展開でしたので、
陣痛の時間間隔を測定できるアプリ、
「陣痛きたかも」も準備していたのですが
ほぼ利用できず仕舞いでした(´>ω<`)

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。