レーシック手術を受けて早14年 失敗する確率?後悔?今のところ全然問題ありません

 

レーシック手術を受けて早14年。
現在40歳ですが何の問題もありません。

そろそろ老眼なのでしょうが、全然問題なし。

 

僕なりの結論

レーシック最高です。
施術してもらって本当に良かったです。

術後14年が経過しましたが、
今のところ全く問題ありません。

元々の視力が0.02でしたが、
現在、両目共に1.5です。

 

レーシック手術が怖いとか失敗する確率だとか

巷では施術失敗とか
視力が落ちてきたとか
いろいろ良くないことを耳にしますけど、
満足度を確認する限り、
そこまで心配する必要はないのかな…と思っています。

 

僕も当然、怖くないと言えば嘘になります。
よくよく調べた上で、品川近視クリニックさんに決めました。

 

結果、今現在も快適に過ごすことができています。

 

一方で、レーシック失敗…と言うのは、
激安で手術してしまった人たちなのかな…と思っています。

 

どうしてもネガティブな意見が目立ってしまいますが、
下記を見る限り、少数派なんですよね。。

すごく満足 37.2%
満足    41.0%
ほぼ満足  20.2%
不満    1.2%
すごく不満 0.2%

集計期間2014年4月1日〜2015年12月31日
集計対象人数 3,520人
※品川近視クリニックHPより

 

悪く言う人ばかりなら、症例121万人はおろか、
品川近視クリニックさんもとうの昔に
潰れているはずだと思います。

 

ですが、今現在も施術を求める方が
日々押し寄せている状況です。

 

僕がレーシック手術を受けた時の話

2006年8月頃
レーシックの存在を知ってから
すぐさま検査へ向かいました。

 

当時、勤め先の工場で設備メンテナンス職に
従事していたのですが、
とにかく劣悪な環境でして。

 

コンタクトレンズを付けている時は
保護メガネを着用して
作業していたりしたのですが、
度々ホコリや粉塵が目に入ってダメでした。

 

コンタクトレンズではダメだったので、
普段使いのメガネで作業をすると
汗が眼鏡のレンズに落ちてきて、
都度、見えなくなってしまいます。

 

イチイチ手袋を外して
メガネを拭くのも手間でしたし、
視力が弱いのはとにかく不便に感じていました。

 

格闘技をやっていたこともあり、
通常、角膜を開いて、レンズの屈折率を調整後、
角膜の蓋を閉じるのが一般的でしたが、

 

僕の場合は、角膜を切り開いた後、
蓋を取ってしまって、角膜の再生を待つ方法でした。

 

通常のレーシック手術よりも
見えるまでは時間がかかるのかもしれませんが、
手術を受けて、翌日には僕の目で見える景色が一変しました。

 

見え過ぎて怖いくらいでした。
若干、暗い所での光がボヤけてしまう…等の見え方はありましたが、
1週間も経てば、何事も無かったかのように
両目共に1.5の視力になりました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました